機械装置向け3次元CADシステム「iCAD SX」の導入


今回のブログは、機械装置向け3次元CADシステム「iCAD SX」導入のお知らせです。

機械装置を製作する上で、機械設計業務が占める「時間」や「責任」の割合は非常に高く、
装置の良し悪しは機械設計者の腕にかかっていると言っても過言ではありません。
「機械設計業務の効率化」という課題は、納期・利益に直結し、
会社全体の生産性向上には、避けては通れない問題です。

そこで、当社機械設計者が長年愛用した2次元CAD「AutoCAD LT」の保守契約を打ち切り、
新たに2・3次元CADシステム「iCAD SX」の導入を完了いたしました。
http://www.fujitsu.com/jp/solutions/industry/manufacturing/monozukuri-total-support/products/plm-software/icad/sx/

「操作性」「直観性」「汎用性」「処理速度」「品質」といった項目について
どれを比較しても、さすが!Made in Japan!といった印象です。

導入したばかりなので、100%運用までには、しばらくお時間を頂く事になると思いますが、
お客様がイメージされた装置を「早く」「正確に」「安く」ご提供させて頂く事が出来る様、
努力を続けてまいります。

【iCADシステム 社内操作教育】
iCAD社内操作教育

※基礎操作:2日間 応用操作:3日間